2018年1月17日

代表理事 メッセージ

ここ20年でアカペラという演奏形態が全国のほとんどの人に認知されるものとなりました。
しかし、認知はされているもののアカペラユーザーは少なく業界と言えるほどのものでもないと感じております。
問題点は大きく2つあり、1つは、連盟というランドマークが無いことで外からの大きな需要に対応できないこと。
もう1つは、「今まで著作権を無断で使用していた状況だった」ため、無意識的に後ろめたい気持ちを抱えながら活動を行っていたことです。

この壁を大きく打破するために、新しくAJAAを設立いたします。

まだまだ”未熟”なものではあるので、これから私は全国に足を運んで各サークルや団体に伺わせていただき、よりよい環境を4月の本格始動に向けて、1つ1つ皆さんと一緒に素敵なアカペラライフを整えられるように築き上げていきたいと思います。

アカペラユーザーの皆様と一緒に作るAJAA

を目指して精進して参りますので、今後ともご協力宜しくお願いします。

代表理事 藤井隆太

PROFILE:
藤井隆太(ふじいりゅうた)
1989年12月18日生
鹿児島/神奈川出身


幼少期から高校までの間にバイオリンやバンド等のさまざまな音楽を経験。
元々興味があったアカペラを大学から本格的に開始。創設間もない駒澤大学”鳴声刺心”の代表となる。
代表就任当初、『サークルからハモネプ2バンド出場』を目標に掲げ、自らも”ブーケ”の一員として
第13回大会に”ブーケ”。
第14回大会に”ブーケ(2大会連続)”には、”ラディッシュ”を輩出し、目標を達成。
サークルの代表退任時期に、ハモネプの放送が終了。これを機にアカペラの衰退を危惧し、A cappella Spirits!〜アマチュアアカペラ全国大会〜』を創設。
第1回〜第5回までの代表を歴任。
アカスピ代表退任後の現在は、九州は熊本に活動拠点を移し、イベント制作業、コーディネーター、アカペラアドバイザーとして地方アカペラシーンの発展に尽力をしており、多角的な視点で環境改善に努めており、この度、全日本アカペラ連盟(AJAA)代表理事就任。